Googleサーチコンソール活用について

Googleサーチコンソールの活用方法

【Googleサーチコンソールとは?】

Googleサーチコンソールとは簡単に言うと、
Googleとのコミュニケーションツール』です。

Googleはユーザーの要望に応えて使いやすい検索エンジンにするため利用者をコントロールしたい、
利用者はGoogleの評価などを挙げて上位表示したいと考えています。

そこで無料のツールを使えば双方の希望を叶えることが出来るSEO成功のためには必須ソフトの事です。

サーチコンソールを活用すると以下の情報を読み取ることが出来ます。

  1. Googleが自社サイトをどのように見ているのかがわかる
  2. Google上でのSEOの成績がわかる
  3. Googleからの重要なお知らせを受け取ることができる

【サーチコンソールの登録方法】

  • STEP.01Googleアカウントの取得
    会社専用のGoogleアカウントを作成する。(その際、Gmail、Googleマイビジネス、Googleアナリティクス等と統一のアカウントにしておくと便利。なぜなら同じアカウントにする事によってGoogleからの評価が上がりやすい為。また、必ず会社用のGoogleアカウントを用意しないと従業員が退職したり、制作業者が変更した際にトラブルになる為。)
  • STEP.02サーチコンソールへログイン
    Googleサーチコンソールから、会社専用のGoogleアカウントでログインをする
  • STEP.03自社サイトの登録
    自社が運営している全てのサイトをサーチコンソールへ登録をする。
  • 【サーチコンソールで見るべき重要項目】

    【検索アナリティクス(検索パフォーマンス)】

    検索でのパフォーマンス(成績)を分析

    【HTMLの改善】

    このページはこういうエラーが起きているので要改善”というリストの表示

    例)descriptionが短い など

    ※こちらは改善優先順位は低い。最優先ではないのでしなくても良いが大事な項目の一つ

    【サイトへのリンク】

    いつどのサイトからリンクされたか、過去のリンク獲得の履歴が確認できる。※あくまでも自分の際とのリンク元だけわかる。

    【内部リンク】

    自分のサイト内で、他のページから何回リンクされているかが分かり、リンクの多い順に並んでいる。SEO的にたくさんのページからリンクされているほうが良いと評価される。
    より露出したいページのリンクはちゃんと他のページからリンクされているか要確認。

    【手動による対策】

    AIじゃない人間が与えたペナルティの事。これを与えられているかの確認と、ある場合は具体的な改善アドバイスも書かれている。

    【モバイルユーザビリティ】

    2018年5月モバイルファーストインデックスをGoogleが始めた。これが適応されたサイトはPCサイトを評価対象から外されてモバイルサイトの中身でGoogleが順位を決めるようになる。その瞬間からモバイルサイトを完璧にしないといけない。PCは後回しでも良いくらい優先順位が下がる。ここに出てくるエラーはスマホ版に対しても問題提起である。モバイル対応に改善していくか、そのページ自体が必要なければページの削除をするかのどちらかの作業となる。
    ちなみに修正を行ってからサーチコンソールに反映されるまでに1週間から4週間ほどかかるとの事。無料のツールなのでそこまで急いではくれない様子。

    【インデックスステータス】

    自分のHPのうち、何ページ見てくれているのかが確認できる。ここで実数とインデックスされたページ数を見て差があった場合、差異が原因で順位が上がっていない可能性も。それを突き詰めるのがこちらのツール。

    【クロールエラー】

    実際どのページがクロールされていないか、Googleに見られていないかを知ることが出来る

    【URLの削除】

    特定の見られたくないページをGoogleに見ないでという申告をすることができるツール

    【セキュリティの問題】

    ハッキングされたり、サーバーがウィルスに感染した場合、検索をした時に赤く『このサイトは危険の可能性があります。』などと表示される。これをセキュリティの問題といいます。
    このツールで警告を教えてくれて、具体的にどんな事をすればいいのかのリンクを貼ってくれます。

    【重要データの見方と活用方法】

    重要データの見方

    SEOの成績向上のために重要となる検索パフォーマンスの見方と活用方法をご紹介します。

    サーチコンソールの確認方法

    1. 表示件数を「500」にする
    2. Googleからの流入キーワードが分かる

    流入キーワード…自社サイトのGoogleからの訪問のきっかけとなった検索キーワードの事。

    クエリ…検索キーワードの事

    クエリの平均掲載順位の下位にあるもので、特にキーワードとして書いたことがないものがあるのなら、逆にそれをテーマにページ作成をするという方法もあります。

    順位が上がる可能性があり、そこをテコ入れする作業をひと押しキーワードという。

    ひと押しキーワードとは あと一押しで検索順位が上がり、それにより自社サイトのアクセス数を増やすキーワードの事。 ひと押しキーワードの見つけ方 1.合計クリック数と、平均掲載順位を選択する 2.クリック数が比較的多くて、かつ掲載順位が上位3位に入っていないキーワードを見つける

    重要データの活用方法

    ・タイトルタグ、メタディスクリプション、H1タグにそのキーワードが含まれているかを確認する

    ・流入キーワードとズレがある場合は流入キーワードをテーマにしたコンテンツに書き換える

    例)流入キーワードが”インプラント”の場合

    『インプラントと歯周病』というテーマのコンテンツではテーマが絞られていなく不利なので、「インプラント」だけをテーマにしたページに改造します。そして「歯周病」をテーマにしたページとは別に作成をします。

    ・本文の文字数が少なければ、現在の2倍のボリュームに増やす。※競合他社と同じくらいの文字数かそれ以上の文字数になるようにする。

    どうやって文字を増やすのか?書いている事柄に対しての事例などを入れこむ。画像がない、あるいは少ないページなら画像を増やします。そうする事でユーザーの滞在時間を延ばすことが出来ます。

    ・画像がない、あるいは少ないページなら画像を増やす

    そうすることでユーザーの滞在時間が伸びていく。

    ・関連する動画を貼り付けられる場所は、貼り付ける。1つより複数の動画を張り付けたほうがベター

    ・関連性が高いページがサイト内にある場合はそれらのページに関連情報としてリンクを貼る。なるべくたくさんリンクを貼るほうが良い

    そうすることで押したくなるようなデザインにてリンクを貼るとより効果的です。

    【SEOに不利なページの見つけ方】

    HTMLの改善

    Webページの中で、問題点があるだとか改善できるものなど、主にメタデータの事について教えてくれます。(Googleが提案してくれます。)

    ※メタデータとはディスクリプションなどの事。

    重複するメタデータが複数あるのは良くないので、ページごとに書き換えたほうが良い。
    重複するメタデータのページ数=同じディスクリプションが何ページ存在するか教えてくれます。

    <改善方法>

    ディスクリプションの書き換えか、ページ自体の削除

    ※もし文章を変えるのが難しいなら語尾だけ変えるだけでも何も変えないよりは良い。
    ※全ページ変えるのが難しいなら重要なディスクリプションのみでも変更したほうが良い。

    ディスクリプションについて モバイル版で閲覧ができる75文字で統一をするよう推奨いたします。それ以上は省略されて表示されるため、省略してほしく内容のものは最初の75文字の中に収めて文章作成をお勧めします。

    サイトへのリンク

    誰からリンクされているか自分が所有しているサイトのリンク元だけならすごく詳しく教えてくれます。

    ※あくまでもGoogleが確認した順に教えてくれるので、必ずしもリンクを設置した順に確認できるわけではない。

    内部リンク

    自社サイトの中でページ同士のリンクが分かります。

    目的は上位表示したいページのサイト内リンクを増やす為。ユーザーに見てほしいページが、たくさんのページからリンクされているかチェックします。そしてリンク数が少なったりしたらリンクの数を増やします。そうすればそのページのユーザーへの露出が増えていきます。

    <対策の目安>

    上位表示したい5つくらいの対策を行うと良い。

    手動による対策

    AIでは確認できなかった問題に対して約2万人のサーチクオリティ―チームの人たちが確認していきます。

    <※注意※>

    ペナルティが与えられると順位が全く上がらなくなります。Googleからのアクセスが減ってしまうので即座に対応しなければならない。

    <手動による対策の対象>

    1. 不正リンクが他のサイトから貼られている
    2. 他のサイトに不正リンクを貼っている
    3. 隠しテキスト・隠しリンクを貼っている
    4. コンテンツの品質など(※非常に多い!)

    ※実験に基づいていないアフェリエイトサイトのコンテンツなど

    例)美容関連のアフェリエイトにて、『ランキングを勝手に作っている』『口コミを他から勝手に持ってきている』など。
    問い合わせがないサイトなどはユーザーの声を受け取る手段がないため手動による対策が入ります。

    モバイルユーザビリティ

    2018年からモバイルファーストインデックス登録をGoogleが導入しました。この旨の通知はメールで来るので、通知が来た場合は適応されているという証拠となります。そこからはモバイル版を評価対象とするようになります。

    モバイルファーストインデックス登録とは Google のインデックス登録とランキングで、モバイル版のコンテンツを優先的に使用すること。モバイル版でのHPの評価がSEOなどに影響を与えるということ。

    <※注意※>

    モバイル対応を優先的に対応しないと評価されなくなります。

    モバイルユーザビリティはモバイル対応していないページを教えてくれます。そこをどのように対応したら良いのかも併せてご案内があります。
    ※改善してから反映に時間がかかり、おおよそ2日から3ヶ月ほどかかる場合があります。対象ページが人気か否かにもよります。

    インデックスステータス

    自社サイトのHPのうち、何ページをGoogleが評価してくれているか確認できます。自分が思っているよりも数が少なければGoogleがインデックスできない技術的問題をページが抱えている可能性があります。そこを突き止めて修正する必要があります。

    内容がほぼ同じ(重複)ページは無視されてしまいます。※たまに数字が上がって、その後下がっているグラフを見たら一時的に評価されてしまうときがあるのでそのことのようです。

    <※注意※>

    数が増えていくのは良いが、減っていくのはよろしくないです。

    例)『タグが間違っている』『ページのデザインが崩れている』『類似のページがある』など

    クロールエラー

    クロールとは 検索エンジンの情報収集ソフトがWebサイトの情報を収集する事。認識する事。インデックスの前段階

    Googleは自社サイトの中にGoogleがクロール出来なかったら指摘してくれます。

    <改善策>

    何らかのクロールエラーがあったら、技術的問題を突き止めて修正する必要があります。自社内で解決できない場合は、サイト管理会社やサーバー会社などに相談して問題を解決していきます。

    URLの削除

    Googleの検索にかけたくないページがあったらGoogleに削除依頼をすると削除してくれます。

    セキュリティの問題

    Googleは自社サイトの中にセキュリティー上の問題があったら指摘してくれます。

    この画面にセキュリティー上の問題が指摘されたら勧告に従ってセキュリティー上の問題があると表示されてしまいます。そうなるとユーザーが怖がってクリックしてくれなくなる。

    よくあるセキュリティー上の問題は以下の通りです。

    1. ワードプレスのハッキング
    2. サーバーのウィルス感染(またはファイルのウィルス感染)

    Googleサーチコンソール活用についてのまとめ

    サーチコンソール活用POINT サーチコンソールを完璧にしようと考えなくて良い!
ホームページ
広告
  • アカウントの紐づけ
集客について学ぶ
特集
  • 整骨院に強い弁護士
  • 売れる単品リピート物販
  • FX自動売買システム
  • 複利の力(投資信託)
  • 継続収入構築
  • オーダーメイド天然石
マイページ