MENU

有名な大正9年から続く、旅館ですっぽんを食べてきました。

有名な大正9年から続く、旅館ですっぽんを食べてきました。

有名な大正9年から続く、旅館ですっぽんを食べてきました。

すっぽん料理を一度は、食してみたくて、 大分で有名なすっぽん料理、

「やまさ旅館」に行ってきました。

まず出てきたのは、

生血(右)

たまご(黄色いの)

肝(左下)

皮(左)でした。

suponikichitamago

そして、スッポンのから揚げ

suponkaraage

すっぽんの刺身

suponsasimi

すっぽん肉

suponniku

すっぽんの肝焼き

suponkimoyaki

あとは、鍋をいただきましたが、 鍋にもお肉が入っており、 そのお肉も絶品でした^^

あとは、スッポン料理を食べたいと探している

お客さんをネットからどのように誘導しているのかと、

検索しました。

supponkensaku

 

しっかりと広告もかけていますし、

 

ワードによっては、1位表示されています。

 

 

 

 

 

 

 

suponekesaku

 

 

大正から続く、すばらしい旅館は、

昔ながらの良さも残しながら、

現代の情報もどんどん仕入れている素敵な所でした☆

 

 

 

 

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア