Web広告の基本
 

【治療院経営者必見】Web広告新規患者さん獲得にいくらかければいい?

 

Web広告を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を自分でやるか・代行業者に頼むかで悩んでる方

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事になっております。

 

この記事を読んだら

①人前で話せるくらい web広告 の知識が付き、理解が深まります。

②治療院業界の手にかける順番が分かりWeb集客に活かしていただけます。

 

そこで実際に「治療院経営者」「一人治療院」の集客のサポートをさせていただいてる私が

Web広告新規患者獲得にいくらかければいい?の結論・1つ目の理由・2つ目の理由・新規顧客の獲得単価が良好な時・新規顧客の獲得単価が悪化している時

の解説を順番にしていきます。

Web広告新規患者獲得にいくらかければいい?の結論

Web広告新規患者獲得にいくらかければいい?の結論

結論からいうと、

広告からの新規顧客の獲得単価が

都会だと10,000円以下

地方だと5,000円以下

になっていたら合格です

2つの理由

都会だと競争率が高まりクリック単価が高騰するから

都会だと競争率が高まりクリック単価が高騰するから

Google広告はオークション形式になっております。

例えばYahooオークションでも人が集まれば集まるほど

値段が高騰しますよね。

 

それと一緒で都会に近づくほど競合店舗が集中しているためクリック単価が高まります。

その結果、獲得単価は地方よりも都会のほうが難易度が上昇します

 

おおよそのクリック単価は下の数値に落ち着きます

治療広告クリック単価

クリック単価はだいたい上記で落ち着くのですが

広告運用者の腕次第で広告の質を高めることで大きくクリック単価が下がることが可能になっております。

なので、広告運用のプロに運用を依頼することが大切です。

 

※「発毛」「美容」「交通事故(むちうち)」「BtoB」

は一般の施術よりもクリック単価が高騰する傾向があり

獲得単価が他の施術よりも高騰するので要注意です

獲得単価が他の治療院に勝っているから

獲得単価が他の治療院に勝っているから

毎月、広告費を10万円かけたとき、「10人も来てくれた!」という先生もいれば、「10人しか来なかった、、、」という先生もいます。

 

その答えが、CPO(Cost Per Order)

新規顧客1人に商品を購入してもらうためにかかった広告費用のことです。

「新規顧客の獲得単価」とも、言い換えられます。

 

広告費÷新規来院者数で表すことができます。

広告費をかけたときのCPOが

都会だと10,000円以下

地方だと5,000円以下

なら患者さんが治療院選びをした際に他院との比較に勝っている、選ばれているということになります。

 

治療院業界の獲得単価は上記で落ち着くのですが弊社は多数の成功事例を有しています。

なので獲得単価をさらに安く集客できるノウハウと実績があります。

実際のお客様の声を集めさせて頂いたのでご覧になってください。

弊社のお客様の声

新規顧客の獲得単価が良好な時

新規顧客の獲得単価が良好な時

広告費をかけたときの獲得単価が

都会だと10,000円以下

地方だと5,000円以下

なら他の治療院に比べ勝っている状態です。

広告費を増やせば増やすだけ、集客数、売上、利益がアップしていく状態になります。

 

広告費を上げる考え方は大きく2つあります。

 

1つ目は、広告費=獲得単価×目標新規獲得数を使用します。

例えば新規患者獲得単価が3,000円で集客できており、目標新規獲得数が30人なら3,000円×30人=90,000円

まで広告費を上げることを逆算できます。

 

2つ目は、じわじわと売上を伸ばしたいなら目標売上の5%、一気に伸ばしたいのなら目標売上の10%

を広告費にあてます。

例えば今の売上が70万円で100万円を目標にしているなら、目標売上は100万円です。

じわじわ売上を伸ばしたいなら月5万円

一気に伸ばしいなら月10万円

を広告費として使いましょう。

 

このように目標を立てて、逆算していくことで、どこまで広告費を上げることを考えることが出来ます。

新規顧客の獲得単価が悪化している時

新規顧客の獲得単価が悪化している時

広告費をかけたときの獲得単価が

都会だと10,000円以上

地方だと5,000円以上

なら他の治療院に比べ比較に負けている、選ばれていないということになります。

 

このときにすべきことは広告費を上げてはいけません。

なぜかというと、知ってもらっているのに選ばれていないということです。

 

このときすべきことは、

・成約率を上げる

・クリック単価を下がる

ことが必要になってきます。

 

成約率を上げる方法は、「ホームページの見直し」「無駄なクリックをできる限り少なくする」

クリック単価をさげる方法は「ユーザーが使用した検索語句と広告文の関連性の高さ」「クリック率を上げる」「LPの利便性の高さ」

を見直すことが重要です。

まとめ

 

Web広告を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を自分でやるか・代行業者に頼むかで悩んでる方

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事を書かせていただきました。

 

この記事を読んだら

①人前で話せるくらい web広告 の知識が付き、理解が深まります。

②治療院業界の手にかける順番が分かりWeb集客に活かしていただけます。

 

そこで実際に「治療院経営者」「一人治療院」の集客のサポートをさせていただいてる私が

Web広告新規患者獲得にいくらかければいい?の結論・1つ目の理由・2つ目の理由・新規顧客の獲得単価が良好な時・新規顧客の獲得単価が悪化している時

の解説を順番にしていきました。


この記事をシェアする

関連記事