Web広告の基本
 

【治療院経営者必見】Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由

【治療院経営者必見】Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由

 

Web広告を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を自分でやるか・代行業者に頼むかで悩んでる方

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事になっております。

 

この記事を読んだら

①人前で話せるくらい web広告 の知識が付き、理解が深まります。

②治療院業界の手にかける順番が分かりWeb集客に活かしていただけます。

 

そこで実際に「治療院経営者」「一人治療院」の集客のサポートをさせていただいてる私が

Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由の結論・1つ目の理由・2つ目の理由・3つ目の理由・広告代行を頼んだ後

の解説を順番にしていきます。

Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由の結論

Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由の結論

Web広告は、自分でも設定できますが、代行業者に任せることをおすすめします。

3つの理由

Web広告設定の勉強をする時間があるなら治療に専念できる

広告設定の勉強をする時間がもったいないないから

Web広告の運用がはじめての場合はWeb広告運用ならではの語や仕組みを知っている必要があります。

ある程度うまく運用がある程度できるようになるまでに、時間やコストがかかる可能性があります。

 

またHP・Web広告の修正がすごく大切になってきてきます。

Web広告は、出稿期間中でも設定の変更ができるものが多くあります。

ターゲティングを見直したり、リスティング広告であればキーワードの選定を追加したり、

また広告クリエイティブそのものを調整したりと、効果を見ながら改善を繰り返してです。

 

このように日々管理画面を調整しながら、施術して、新しい技術を身につけるよりかは

選択と集中をして、「やること」「やらないこと」を区別することが大切です。

Web広告を勉強する時間があるならその分技術を磨いて患者様に還元できますよね。

Web広告の機能は日々変化しているので、勉強し続ける必要がある

Web広告の機能は日々変化しているので、勉強し続けないといけないから

WEB広告は、常に媒体側で最適化が行われているため、機能変更やより便利なサービス提供など、細かな仕様変更が毎月のように起こっています。

広告代理店ですとこういった情報にも敏感です。

すぐに導入ができますので個人で広告を運用するよりかは、新しい施策なども多く試せるでしょう。

 

また、広告代理店に依頼すると最新の動向を踏まえたうえで運用してくれるだけでなく、

他社の成功事例など代理店ならはでの情報も運用に役立ててくれます。

 

例えばSEO対策はお金をかけずにできる集客として効果がありました。

ただし、それは5年前くらいの話です。

今はGoogleの検索結果の表示画面が大きく変わったため、昔に比べ集客効果が下がっています。

 

今の時代、SEO対策やGoogleビジネスプロフィールで上位表示される仕組みはすべてGoogleが決めているので

そういう動向をしっかりと理解しながらWeb集客をしないと遠回りになってしまいます。

広告運用のプロに任せた方が集客に繋がる

どう頑張っても広告運用のプロには勝てないから

WEB広告を初めて利用される方は、まずは何をどうしていいのかわからないのではないでしょうか。

調べながら試行錯誤して設定を行ったとしても、成果を伸ばしたりどのように設定を変えていいか悩んでしまいます。

 

プロは他で上手くいっている成功事例を参考にして、新機能を使いこなし、

どんなキャッチコピーが効果的かも熟知しているので太刀打ちできません。

 

ことわざで餅は餅屋という言葉があるくらい

何事においても、その道のことはやはり専門家に頼ることが近道と言えます。

上手くいく先生は7人のチームをもっており

①制作会社

②広告の専門家

③経営のコンサルタント

④治療技術の先生

⑤同業の仲間

⑥異業種の仲間

⑦応援してくれるパートナー

ひとり治療院だと上記のことなど全部1人で考えないといけないので、何かあった時に頼れる人、相談できる人がいるのはとても大切です

 

弊社は主に

①制作会社

②広告の専門家

を行っており実際のお客様の声を下にまとめさせていただきました。

実際の弊社のお客様の悩みをビフォーアフターが確認できますのでご覧になってください。

弊社のお客様の声

広告代行を頼んだ後

新規顧客の獲得単価が悪化している時

代行業者は広告からホームページにどれだけアクセスがあったか・電話番号を何回クリックされたかまでは把握することができますが

本当に予約したか・来院したかどうかは把握することができません。

 

なのでの先生が実際にきたお客様に対してどのようなキーワードで検索したか・本店を選んだ理由を聞いて

代行業者に共有することが大切になってなってきます。

 

例えば、腰痛の患者様は集客出来てるけど肩こりのお客様が来なかったときに

肩こりのページは改善する必要があります。

 

その時に必要になってくるのが、どのようなキーワードで検索したか・本店を選んだ理由です。

お客様の購買心理をしっかり理解して、他店舗の違いを打ち出すことで集客ができるようになってきます。

それでも集客できないときは、広告を止めます。

このように1例ですが、やり取りを重ねPDCAを回すことで集客が出来るようになってきます。

まとめ

Web広告を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を自分でやるか・代行業者に頼むかで悩んでる方

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事を書かせていただきました。

 

この記事を読んだら

①人前で話せるくらい web広告 の知識が付き、理解が深まります。

②治療院業界の手にかける順番が分かりWeb集客に活かしていただけます。

 

そこで実際に「治療院経営者」「一人治療院」の集客のサポートをさせていただいてる私が

Web広告運用を代行業者に任せる3つの理由の結論・1つ目の理由・2つ目の理由・3つ目の理由・広告代行を頼んだ後

の解説をさせていただきました。

 

弊社は「Google広告」「Yahoo広告」「Facebook・instagram広告」の広告代理を行っておりますので

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。


この記事をシェアする

関連記事