Web広告の基本
 

【一人治療院必見!】初心者でも分かる!Web広告とは?

web広告とは

Web広告の運用を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を出したいが種類が多すぎる。どれを選べばいい?

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事になっております。

 

そこで実際に広告運用をしていて必要となるWeb広告とはを解説します。

Web広告とは・Web広告の特徴・Web広告のメリットとは・Web広告のデメリットとは・Web広告のターゲットとは・おすすめのWeb広告

の解説を順番にしていきます。

この記事を読んだら
  1. 人前で話せるくらい web広告 の知識が付き、理解が深まります。
  2. 自社に合ったWeb広告が分かりWeb集客に活かしていただけます。

Web広告とは

Web広告とは

web広告とは分かりやすくいうと「インターネットの媒体に掲載される広告」です。

ホームページやSNSなどに含まれる広告枠を利用して、集客や売上を向上させたい商品やサービスを宣伝できる仕組みです。

Web広告の特徴

Web広告の特徴

今までは「マス広告」が主流でした。

マス広告とは、マスメディア4媒体と言われる「新聞」「雑誌」「テレビ」「ラジオ」に掲載される広告のことです。

マス広告の大きなデメリットは「測定がしづらい」「ターゲティング精度が難しい」です。

これを克服したのがWeb広告となっております。

Web広告は「効果測定ができて改善ができる」「ターゲティング精度が高い」ので市場は拡大しております。

  1. ・好調な「インターネット広告費」が「マスコミ四媒体広告費」を初めて上回り、広告市場全体の成長を後押し
  2. ・「マスコミ四媒体由来のデジタル広告費」が、初めて1,000億円を突破

引用元:電通2021年 日本の広告費

Web広告のメリットとは

Web広告のメリットとは

メリット
  1. 効果測定により改善しやすい
  2. 自分で決めた広告費で始められる

Web広告のデメリット

Web広告のデメリット

デメリット
  1. 運用するには知識が必要
  2. 多角的な分析が必須

Web広告のターゲットとは

Web広告のターゲットとは

Web広告をするうえで、「お客様を絞ること」と「どの状態のお客様に向けたものか」を意識することが重要です。

そのためにはOATHの法則がとても便利です。

世界的有名な凄腕コピーライターのマイケル・フォーティンが提唱した法則です。

OATHの法則は、

「Oblivious(無知)」

「Apathetic(無関心)」

「Thinking(関心)」

「Hurting(悩み)」

という4つの要素から成り立ちます。

 

例えば治療院の例で説明すると、

上に行けばいくほど「早く身体の痛みを治したい!」「根本的改善したい!」という

欲求がありこのような状態のユーザーは治療院業界にとっての顕在層といえます。

その代わりボリュームは少なくなってきます。

反対に下に行けばいくほど「整体には興味あるけど身体は痛くない」「体調不良などはない」

このような状態のユーザーは潜在層と言えます。

ボリュームがあり発掘すれば大きなビジネスチャンスに繋がります。

 

oathの法則

おすすめのWeb広告

おすすめのWeb広告

結論からいうとGoogle広告」「Facebook広告・instagram広告がおすすめです!

なぜかというと、出稿媒体の優先順位の決め方は購買意欲の高い人(売り上げに繋がりやすい人)にアプローチできるかが大切になってくるからです。

Google広告・・・キーワードの絞り込みで申し込み意欲の高い層を狙える

Facebook広告・instagaram広告・・・既存顧客のデータをもとに申し込み意欲の高そうな層に配信可能

Google広告の仕組み

検索されるキーワードに連動して広告文が表示されます(検索連動型広告文)

例えば、Googleで「大分 腰痛」と検索すると上位に4つ広告が表示されます。

その下にMEO・SEOの順番に表示されるようになっております。

Google広告の仕組み

Google広告の強み

Googleの検索結果に出稿できる

Google広告は日本TOPの検索エンジンです。

またGoogle広告は「MEO」「SEO」よりも上に表示することができるのが

とても強みです。

なので「SEO対策」「MEO対策」よりも結果が早く集客に繋がります。

低予算から出稿できる

Google広告は広告主が出稿金額(限度額)を設定できるため、低コストでの出稿も可能です。

広告の動きが良ければ予算増額・広告の動きが悪ければ予算減額することができます。

結果が出やすい

キーワードの絞り込みで申し込み意欲の高い層を狙うことができる。

「OATHの法則」の顕在層に広告配信することができますので無駄な費用がかかりづらく狙ったターゲットに向けて広告を配信することが可能です。

OATHの法則

Facebook・instagram広告の強み

クリック率が高いほど単価が割安

Facebook広告はCPM広告(広告が1000回表示されるごとに発生する費用を指します)

なのでクリック率が高いクリエイティブを作成することによりクリック単価を大幅に下げることが可能です。

ターゲティング制度が高い

Facebook広告は「膨大な個人情報」をもとにAIが最適化をして

他のSNSとは異なり実名での登録を基本としているため、ターゲティング精度が高い特徴があります。

 

潜在層にリーチがしやすい

潜在層は配信ボリュームが大きいため

開拓できればビジネスチャンスが大きい!

OATHの法則

もっと詳しく

【今さら聞けない】Facebook広告とは?わかりやすく解説!

まとめ

Web広告の運用を検討されている「治療院経営者」「一人治療院」の方の中には

・他店舗の治療院がWeb広告で上手くいってるみたいだけど、私もweb広告にチャレンジしようか迷っている方

・Web広告を出したいが種類が多すぎる。どれを選べばいい?

・なんとなくの経営をやめて、しっかりとした事業戦略を立て集客したい方

におすすめの記事を書かせていただきました。

 

そこで実際に広告運用をしていて必要となるWeb広告とはを解説しました。

Web広告とは・Web広告の特徴・Web広告のメリットとは・Web広告のデメリットとは・Web広告のターゲットとは・おすすめのWeb広告

の解説をさせていただきました。

 

弊社は「Google広告」「Facebook・instagram広告」の広告代理を行っておりますので

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。


この記事をシェアする

関連記事