MEO対策
 

MEOの順位を上げるための設定~情報~

MEO集客

Googleマイビジネスの基本設定

Googleマイビジネスの登録が終ってから、いよいよMEO対策の始まりになります。

Googleマイビジネスの登録が終ってない方はこちらをクリック

Googleマイビジネスの登録方法

【治療院でも出来る!MEO対策】Googleマイビジネスの登録方法

それではMEOの順位を上げる設定をしていきたいと思います。
ご自分のお店を見つけてもらいやすくし、なおかつ選んでもらうための設定方法です。

まずGoogleマイビジネスのホーム画面を開くと、こんな感じで左にサイドバーが出てきます。

MEO対策

このサイドバーの項目を細かく設定することで、充実した情報をユーザーに表示できるようになるので、MEOの順位対策になります。

MEO集客

例えばこれがテストの解答用紙だとすると、この項目を一つずつ確実に一つでも多く埋めるとテストの点が高くなるように、それがMEO対策の充実になりますので、しっかり埋めていきましょう。

各項目の設定方法

情報

情報画面とは、『ビジネス名』、『カテゴリ』、『ビジネス拠点(住所)』、『サービス提供地域』、『営業時間』、『特別営業時間』、『電話番号』、『プロフィールの略称』、『ウェブサイト』、『予約リンク』、『商品』、『サービス』、『属性』、『ビジネス情報』、『開業日』、『写真を追加』、を基本的な情報を表示する機能です。

情報の登録方法

MEO対策

左側のサイドバーから 情報 をクリックします。鉛筆のマークを押すと入力できます。

ビジネス名の入力

店舗の名前を入力してください。

MEO対策

カテゴリの入力

ここはサービス内容を入れます。自分の店舗が何のサービスをしているのか、カテゴリの中にいくつか出てきますので、選んで入力してください。同じ店舗の中で、複数の事業を展開している方は、メインの事業が何なのかをメインカテゴリの中に入力し、そのほかの事業内容を追加で入れていただければ大丈夫です。

MEO対策

住所の入力

登録出来る項目は「国」「郵便番号」「都道府県」「住所」です。
Googleマップ上のピンの位置も変更できます。

MEO対策

営業時間の入力

始業時間は曜日単位で設定してください。営業or定休日の選択と営業時間が選択出来ます。営業時間は昼休憩などがある場合は曜日単位で複数時間にわけて登録出来ます。

MEO対策

特別営業時間の入力

定休日に当たる営業曜日に特別営業を行う場合などの設定が行えます。
入力したこれらの営業時間情報は、ユーザーが検索した際に「営業時間中」や「営業時間外」等と表示されます。

MEO対策

電話番号の入力

電話番号を入力します。
フリーダイヤルなど番号が複数ある場合は「電話番号追加」というのがありますので、そこに入れることができます。

MEO対策

予約リンクの入力

予約リンクを入力する事でユーザーが検索した際に予約のリンクが表示されてトップページから簡単に予約を行うことが出来ます。

MEO対策

サービスの入力

店舗のサービス内容の入力をしてくださいユーザーがメニューや価格をスムーズに見る事が出来るようなります。

MEO対策

ビジネス情報の入力

ビジネス情報・開業日の入力をしましょう!ビジネス情報は最大750文字まで入力できます。

MEO対策

情報まとめ

МEOを上位表示させるためには正確な情報を充実させる事が大事です!
Googleマイビジネスには投稿、情報、メニュー、写真など様々な項目がありますが今回は情報についてご紹介しました。

無理やり使用する必要はありませんが、Googleマイビジネスの充実度はそのままユーザーが得られる情報量につながりますので、できる限りお店の情報を充実させることが重要です。

⇩Googleが定めたガイドラインもあるので参考にされてください。

ガイドライン

Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン


この記事をシェアする

関連記事