Facebook広告
 

【今さら聞けない】Facebook広告とは?わかりやすく解説!

Facebook広告とは?

世界中に多くのユーザーをもち、今や世界最大の規模を誇るSNSの1つであるFacebook。
そんなFacebookに広告を配信する「Facebook広告」は他のネット広告と同様、Webマーケティングにおいて大きな力をもったネット広告の1つです。

「なんとなく聞いた事はあるけど、どんな広告か詳しくはわからない…。」そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はそんな「今さら聞けない」Facebook広告の特徴ご紹介いたします。

Facebook広告とは?

メタ・プラットフォームズ
Facebook広告は、Meta(メタ)こと、メタ・プラットフォームズ(旧称: Facebook社) が提供する広告出稿サービスのことです。

出稿された広告は、Facebook、Instagram、Facebook Messenger、Audience Networkの4つのプラットフォームにて様々な様式で表示がされます。
「インスタグラム広告」も知ってる方が多いかと思われますが、このインスタグラム広告もFacebook広告で配信の設定を行うことができます。

どんな広告が配信されるの?

下のように、クリエイティブ(画像・動画)テキスト(文章)を組み合わせた広告を4つのプラットフォームにて様々な様式で表示がされます。
文章だけではなく、画像や動画を組み合わせて表示するので、商品やサービスの魅力が視覚的にも伝わりやすくなります!

Facebook広告の例(1部)

どのように配信がされるの?

ターゲティング
Facebook広告はどのように配信されているのでしょうか?

Facebook広告では、

どのような人に配信したいか?
どのような人に広告を見て欲しいか?
どのような人に興味を持ってもらえそうか?

ということを基準に、自分がどのようなユーザーに広告を見てもらいたいか、その顧客層、つまり、「ターゲット」を設定することができます。(ターゲットを指定することをターゲティングと呼びます!)
これにより、ランダムにユーザーを選んで広告を配信するのではなく、自分が狙いたい顧客層に該当するようなユーザーに向けて広告を配信することができるのです。

しかもFacebook広告は、
世界トップクラスのユーザー数を誇るFacebookやInstagramの利用者を含めたユーザーに広告配信を行いますので、
「ターゲットの基となる情報量」が多く、「ターゲティング精度」も高いというところが集客効果を得る上での特長となっています!
そのため、近年では企業での活用が最も増えてきている広告の1つとして注目されています。

どのようにして料金が発生するの?

もちろん無料(タダ)でFacebook広告は配信できません。広告の配信がされると料金が発生いたします!
それではどのようにして料金が発生するのでしょうか?

まずはFacebook広告が配信されていく流れを簡単に見ていきましょう。

Facebook広告が配信されていく流れ1

➀Facebook広告配信の設定&準備

広告主(広告を配信する人)がFacebook広告を配信するために、どのように配信するかや1日にかけていきたい費用などを設定します。

Facebook広告が配信されていく流れ2

➁Facebook広告配信の設定&準備

設定した配信設定に基づき、様々な広告主が設定した広告の中からどの広告を配信&表示するか「広告オークション」によって決定されます。

Facebook広告が配信されていく流れ3

➂ユーザーに広告が配信

広告オークションで選ばれた広告がユーザーに表示されます。

というような流れでFacebook広告は配信されていきます。

配信される前に行われる広告オークションというのは広告が表示されるすべての機会においてシステム上で実施されるもので、
簡単に説明すると広告主が設定した配信設定に基づき、様々な広告主が配信しようとしている広告の中で、どの広告がユーザーに向けて表示するのが最適か?」を決定するため行われるものです。

参考サイト

Facebook Businessヘルプセンター:広告オークションについて

このように、広告を配信するための準備・設定を行った後、広告オークションが行われ、その後、広告が配信されるようになると料金が発生します。
料金の発生の仕方は広告配信の際に設定された内容によって異なり、配信された結果によって料金が決まります。

Facebook広告には主に3つの課金方式(料金の発生の仕方)があり、以下の通りとなっております。

CPM方式

CPM(Cost Per Mille)とはインプレッション単価のことで、広告が1,000回表示されるごとに課金される方式です。


CPC方式

CPC(Cost Per Click)とはクリック単価のことで、広告が1回クリックごとに課金される方式です。


ThruPlay方式

ThruPlay(スループレイ)とは視聴単価のことで、広告で設定されている動画が1回(15秒以上)再生されるごとに課金される方式です。

このようにして、Facebook広告では料金が発生していくのですが、
発生する費用は広告が配信された結果によって変わってくるということと、
1日にどれくらい使用できるかの制限を設定することができますので、使用する人によって無理のない費用で配信をすることが可能です。

そして、ここで発生した料金を支払うことは、決して浪費ではなく、自社の集客効果を向上させることで売り上げUPに繋げるための投資であると考えていきましょう!

まとめ

ここまで「Facebook広告とはどんな広告なのか?」を簡単に説明させていただきました。

Facebook広告もしっかり対策を行って使いこなしていけば、自社のサービスの集客効果&売上をUPさせるための大きな柱になりますので、まだ始められていない方はご検討されてみてはいかがでしょうか?

これからもFacebook広告に関する記事をどんどん配信していきますので、皆様のご参考にしていただければと思います!


この記事をシェアする

関連記事