SEO対策
 

SEOに効果的なtitle(タイトル)の付け方

今回はSEO対策の超基本であるtitle(タイトル)タグについて、詳しく解説していきます。

title(タイトル)タグは、治療院・美容サロンの集客へ大きく影響する重要なSEOであり、
設定自体は簡単ですが、デリケートな部分でもあるため、しっかり考えて設定する必要があります。

なにせ、Googleのクローラーロボットやユーザーが一番最初に目にするのは、このtitle(タイトル)タグですからね。

title(タイトル)タグを最適化し、集客アップを目指しましょう!

title(タイトル)タグとは?

title(タイトル)タグとは、文字通りサイトのタイトルを設定するために使われるタグです。

設定したタイトルは、ブラウザのタブに表示されたり

検索結果に表示されます。青色の文字がタイトルです。

title(タイトル)タグはheadタグの間に設定します。

Googleはtitle(タイトル)をどう考えているか?

title(タイトル)は、ユーザーやGoogleに自分のサイトがどのようなページなのかを端的に示す重要なもので、
Googleもその重要性を下記のように言及しています。

Google の検索結果において、タイトルは重要な位置を占めています。タイトルは一行目に表示され、検索をした人はそのタイトルをクリックしてそれぞれのページにたどり着きます。そのため、そのページが何を表しているか一目でわかるように、具体的でわかりやすいタイトル(およびスニペット用にメタ ディスクリプション)を付けることをウェブマスターの皆様には常々お勧めしてきました。
※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果によりよいタイトルを

このことからtitle(タイトル)タグはSEO対策に重要な位置付けをされていると分かります。
ユーザーにもGoogleにも利便的でなくてはなりません。

検索結果に効果的なtitle(タイトル)の付け方

では、具体的に検索結果に効果的なtitle(タイトル)について解説していきます。

title(タイトル)は、サイトの内容をユーザーが一目で分かるように表示し、
ユーザーが検索したキーワード(クエリ)との関連性が高いことを示すうえで不可欠です。

どのサイトをクリックするかはtitle(タイトル)で決定することが多いため、質が高く分かりやすいタイトルを付けること重要です。

具体的で分かりやすいページタイトルを付ける

サイトのトップページに「ホーム」、特定の症状ページなどに「メニュー」など曖昧なタイトルを付けないようにしましょう。

トップページには「○○市で整骨院なら○○○○院」のように具体的に書くことが大切です。

ただし、不必要に長いものや無駄な情報を含むものは避けましょう。
長すぎるタイトルは省力されてしまい、一部しか表示されなくなります。

POINT

title(タイトル)は31文字以内が適切です。

キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける

タイトルに狙いたいキーワードをいくつか含めると効果的ですが、
Googleは同じキーワードを何度も詰め込むのは不正行為と見なし評価を下げます。

例えば「○○市で腰痛のお悩みなら腰痛施術が得意な腰痛専門の○○院」など狙いたいキーワードを詰め込むことはNGです。

この現象は治療院のホームページで多く見受けられます。
一昔前まではキーワードを詰め込めば上がった時代もありましたが、現代では不正行為となっておりますので注意してください。

タイトルタグだけではなく、ページ内のコンテンツもキーワードの詰め込みは要注意です。

POINT

title(タイトル)で狙いたいキーワードは1回まで使うようにしましょう。

同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける

それぞれのページに異なる具体的なタイトルを付けることが重要です。

例えば腰痛のお客さんを集めたくて、全てのページに「腰痛」というタイトルを含むことはNGです。
そのページの内容に合ったtitle(タイトル)を付けることが重要です。

タイトルを目立たせる

狙いたい地域名や症状名などを目立たせるように、

重要なキーワードほど左(先頭)に持ってくるということも効果的だと考えられます。

近年のGoogleはローカルSEO(地域性)も重視しているため、店舗のホームページであれば地域名を含め、
できるだけ左(先頭)に持ってくることを意識してください。

検索結果のタイトルがページの title タグと異なることがある

まとめ

ここまでの事からtitle(タイトル)がSEO対策のうえで重要な要素ということが分かったと思います。
Googleは全てにおいてユーザーの利便性を求めていますので、「具体的かつシンプル」に情報を提供していくことが大切です。

その中でもまず一番最初にユーザーやGoogleの目に止まるtitle(タイトル)から対策をしていきましょう。

title(タイトル)の設定をまとめますと、、、

効果的なtitle(タイトル)
  1. 具体的で分かりやすいページタイトルを付ける
  2. title(タイトル)は31文字以内
  3. 狙いたいキーワードは1回まで
  4. 重要なキーワードほど左(先頭)に持ってくる

ということが効果的なtitle(タイトル)だと考えられます。

SEO対策や検索順位でお悩みの方は、まずはtitle(タイトル)から見直されてはいかがでしょうか?


この記事をシェアする

関連記事